お客様の声

脊柱管狭窄症。手術をすすめられたが・・・

脊柱管狭窄症の症状にお悩みだった60代男性S.M様 chat

数年前、腰から下肢にかけて「熱く」なるシビレに見舞われて、10分も歩けなくなりました。さっそく、有名大学の整形外科で見てもらいました。 

脊柱管が狭くなる状態ということで、様子をみて手術をしたほうがいいと言われました。
それでも少しずつ進んでいくようなので、別の有名ところに行ってみましたが、そこでは、すぐに手術を勧められました。 

そうしているとき、息子が「インターネットで見たけど、ここがよさそうだよ」と、教えてくれたのが「木村カイロ」でした。

連絡していきましたところ、
狭窄そのものは改善されないけれど、狭窄の結果生じている症状は緩和できるだろうとの事でした。
先生の話は論理的で納得できたので、通うことにしました。 

施術所でのカイロ施術もありましたが、体の作りなどについて教えてもらいながら、歩き方や姿勢の保持の仕方なども教えてもらいました。 

そうしているうちに、ほぼ半年ぐらいでシビレが改善され、10分が20分、30分と歩けるようになってきました。
いまでは、ほとんど問題なく歩け、スロー・ジョギングもできるほどになりました。

その間に、今度は上肢がシビレてきました。
まっすぐに上を向いて寝ていられなくなったのです。
これは頚椎のズレによるもののようです。
これも施術をしてもらっているうちに、緩和されてきて、夜も寝られるようになりました。 
いまでは、体全体のバランスを見てもらうために、首の施術を兼ねて、隔週で通っています。
木村先生と冗談を交わしながら、体の構造について教えてもらうのを、楽しみにしています。

 

※施術効果には個人差があります。