4大症状の原因と施術法 神経の痛み
神経の痛み・しびれでお越しになられたお客さんの声から

たくさんの方に喜ばれています

No.1 主訴/神経の痛み
「しびれているのに、『異常なし』?」
30代 男性 事務職

肩こりのひどい私は毎日パソコンのマウスを数時間触っていると、右手の小指と薬指がしびれていました。肩こりによる血行不良と思いあまり気にもしていませんでした。それから半年ぐらい過ぎ、仕事もハードになってきた頃から、小指と薬指だけにとどまらず、右腕全体がしびれるようになりました。帰宅後や休日もそのしびれは出るようになり、やがては、常にしびれを感じるようになってしまいました。
同時にそのころより右足の方にもしびれを感じ、これはもしや左脳(右半身のしびれだから)に梗塞でもと思い、おそるおそる脳神経外科に行きました。検査の結果は「異常なし、疲れでしょう。大丈夫です。」しびれている現実があるのに、大丈夫って、どういうことだ?納得がいかず、大学整形外科にも行きましたが、結果は同じ。鎮痛薬をもらっただけでした。原因不明なのか、とかえって更に不安が大きくなりました。
医者以外には、しびれを改善できる機関があるなんて思ってもいませんでしたが、たまたま私の彼女の友人が木村先生のところに通っていて、私の話を相談してくれました。「そういうお客さんは、うちに結構来ていますよ」と言われたと聞き、早速行ってみました。
整体の先生というと、少し乱暴なイメージがあったのですが、木村先生は小柄な方で、知性も感じ、悩みを聞いてくれそうな雰囲気が第一印象でした。私は鼻息荒く、今までの経緯をしたところ、「MRIに問題がなければ、たぶん私の施術範囲です。」と期待をもたされました。なんと初回の施術でほぼ手足ともしびれはとれました。その後はぶり返しながら数回施術を受け続け、しびれが大幅に改善されました。木村先生いわく「神経の痛みは放置すると、神経そのものを傷めるので、出来る限り早く施術しないと」とのこと。しびれがある方は、悩む前に是非この先生に相談してみてはいかがですか。

No.2 主訴/首の痛み・神経の痛み
「整形外科ではもう改善できないといわれていましたが・・・」
40代 女性 主婦

私は腕の痛みに始まって、やがて首に激痛が走るようになり、整形外科を検査すると、重度の腰痛と判断されました。湿布と飲み薬と首の牽引施術を行いましたが、一向に痛みはとれず、下を向くことも不自由になり、横になっていることが多くなりました。腕はかかえていないと痛くてどうしようもありませんでした。
そこで友人の紹介でこちらにうかがいました。以前に別のところでカイロ施術なるものを受けたのですが、あまり効果が出なかったので、あまり期待していませんでしたが、わらにすがる気持ちでたずねました。整形外科ではもう改善できないといわれていましたが、木村先生が「大丈夫 改善します!」とおっしゃって下さったので、すべてを託しました。おかげさまで今は痛みも改善し、趣味に励むこともできます。感謝感謝です。

症状

あなたの症状は?
どうしてもお年寄りの方がなる症状というイメージが強いようですが、多くの若い人も知らずにその症状に悩まされています。
神経の痛みの特徴は突然の鋭く激しい痛みが出現するものという定義もありますが、きむらカイロでは神経の痛みをもっと広くとらえています。

症状がある場所ランキング
【代表的な神経の痛み】

1位 下半身
(おしり、ふともも、すね、ふくらはぎ、足の指)
【坐骨神経の痛み、大腿神経の痛み】no1
2位 腕(肩、二の腕、肘、前腕、手、指先)
【トウ骨神経の痛み、
尺骨神経の痛みなど】no2
3位 背中 (背中、肩甲骨の内側)
【肩甲背神経の痛みなど】no3
4位 頭(後頭部、顔面)
【三叉神経の痛み、
後頭神経の痛みなど】no4
5位 胸(わき腹、胸、背中)
【肋間神経の痛み、
鎖骨上神経の痛みなど】no5

神経の痛み症状の出る場所は末梢神経の通っているところすべてです。症状としては神経の走行に沿った痛みや、点在する痛み、
また広範囲(足の全体など)にわたる
痛みなど、さまざまです。





神経の痛みの感じ方
神経は感覚をつかさどっているため、
痛みの感じ方もさまざまです。
・軽い痛み
・激しい痛み
・ビリビリ
・じわじわ
・冷感(冷たい感じ)
・異和感
・だるい
・力が入りにくい
・触ると過敏
・触ると鈍感
原因

原因は関節の歪みによる神経へのテンション(引き伸ばし)
神経の痛みとは神経そのものに何らかの不調を起こし、痛みやシビレを伴う症状です。

原因1
骨格の歪みにより近くを走行している神経にストレスがかかり、神経組織が変性する

・頚椎や骨盤、その他の関節の歪み

原因2
骨格の歪みにより起きた重度の腰痛が神経を伸ばしている

・重度の腰痛(頚椎・腰椎)

その他
神経に不調を起こす可能性のある症状

腫れもの

整形外科の検査(レントゲン、CT、MRI等)で異常が見つかった場合

整形外科へ行ったら・・・(首の場合)
・重度の腰痛・変形性頚椎の症状・胸郭出口の症状・頚椎捻挫(むち打ち)
・頚肩腕の症状(いわゆる肩こり)など
・ストレートネック(頚椎の生理的なカーブが少ない)
・椎間板が少しつぶれている
これらはすべて首の骨の歪みと関連したものです

整形外科へ行ったら・・・〈腰の場合〉
・重度の腰痛
・腰部脊柱管狭窄の症状
・坐骨神経の痛み
これらはすべて骨盤の歪みと関連したものです

整形外科の検査(レントゲン、CT、MRI等)で異常が見つからなかった場合

整形外科に行ったけど・・・
・坐骨神経の痛みといわれただけ
・症状が良くならない
・とりあえず、もらった湿布を貼ったり、痛みを鎮める施術だけ
きむらカイロは(静止画像による)検査ではわからない首の骨のわずかなズレや歪みを見つけるのが得意です。

神経の痛みのメカニズム

なぜ骨格(関節)が歪むと神経の痛みが起こるのか?
神経は血管とともに骨に沿って走行しています。骨という幹が歪む(曲がる)とそれに沿っていた神経も曲がってしまうことになります。神経にも少しは弾力性がありますが、長い間曲げて引っ張られていると神経の不調を起こし、伸ばし続けたゴムが傷んでしまうように、神経細胞が器質的に変性を起こしてしまうのです。変性を起こした神経は正確に信号を送れなかったり、間違った信号を送ったり、また不調を受けたその部位自体からも痛みという信号を出します。

きむらカイロが出来ること

首の骨、骨盤のズレや歪みがきむらカイロの施術対象です
きむらカイロでの施術対象は1、重度の腰痛2、骨格の歪みになります。きむらカイロがしびれなどの神経の痛みをも専門にしている理由は、骨格の歪みを放置した末になる典型的な症状のひとつであるからです。つまり、原因である骨格の歪みをとることで随伴症状としての神経の痛みは改善される、ということです。

神経の痛みの施術

きむらカイロ独自のアプローチ方法
骨格の歪みが原因で神経の痛みが起きている場合は、神経の走行経路のどこに問題があって、神経線維のどこに張力がかかっているかにより、矯正する部位が異なります。 坐骨神経の痛みは骨盤の歪みによる場合が多いため、基本は骨盤の矯正です。上肢や手のしびれなどは頚部の歪みによる場合が多いため、頚部の骨格を矯正することで大体のケースは改善されます。
顔面に起こる三叉神経の痛みも、実は頚部の歪みによる場合が多いのです。神経そのものが変性した場合は、しびれや異和感が改善するまでに数ヶ月を要する場合もありますが、もともとの原因(歪み)を取り除かれれば、あとは自然と改善していきます。

実際に神経の痛みの施術を受けた方の感想から

施術はどんな感じなの?
「施術中しびれていたところが特にわかって、正確な場所を改善してくれている、と安心した」
「手の指先まで温かくなった」
「一発で首の痛い場所をあてられた」
「マッサージみたい」
「はじめて肩の力が抜けた感じというものを知った」
「はじめ痛がったら、軽い力の矯正を何度も繰り返してくれた」
「気持ちいい」
「筋トレみたい」
「ベッドが自動で起き上がるので、とてもラク」

施術の後は

こんな効果があります
・その場でしびれが減ります。
・しびれていた部分が温かく感じます
・頭と肩が軽くなります。
・足が軽くなります。

神経の痛みでお悩みの方へ

神経の痛み・しびれがない生活を送りませんか?
織が回復し、症状が取れていきます。骨格の歪みを整え、いままで当たり前だった生活習慣を変えることで、症状が改善されていきます。

神経の痛みがある人に多くみられるその他の症状