4大症状の原因と施術法 頭痛
頭痛でお越しになられたお客さんの声から

たくさんの方に喜ばれています

No.4 主訴/頭痛
「鍼の先生に紹介されて・・・」
30代 女性 事務職

私は、高校生の頃から頭痛もちで、社会人になってからは、さらに頭痛になる日が多くなりました。特にここ1年は必ず週に2回は痛くなってしまいます。整形外科の検査(MRI)も受けましたが、特に異常なしと言われ、鎮痛薬だけいただいていました。鎮痛薬では改善したことにはならない、と分かりつつも頭痛になると我慢できず飲んでいました。ところが最近は薬を飲んでもおさまらず、吐き気までおこすようになりました。本当に大丈夫かな、とだんだん心配になり、精神的にも不安定になっていました。鍼や整体など色々と行きましたが、どれもあまり改善がみられませんでした。
そんなとき、私を施術してくれた鍼の先生が、木村先生を紹介してくれました。カイロプラクティックは恐いイメージがあったのですが、鍼の先生の紹介ってこともあり、安心してうけることができました。実際、木村先生の施術はとても丁寧でした。施術後はもう生まれ変わった気分で、とにかく首・肩・頭が軽くなりました。私の何年来の痛みはいったい何だったんだろう。もっと早く来れば・・・。 木村先生は技術だけでなく、生活指導もキッチリとされ、再発しないように的確にアドバイスをしてくれました。また、なぜ痛みがでたのかをとても分かりやすく説明してくれて、精神的な不安も取り除かれました。これが私にとって一番の収穫だったかもしれません。本当に感謝しています。とってもいい先生ですよ。

No.3 主訴/頭痛
「辛かったあの日々」
20代 女性 事務職

IT関連の会社で編集をしています。不規則な生活と長時間の労働のせいか、たまに頭痛がするようになりました。とくに夕方頃、後頭部をキリキリ締めつけられるような痛み…。あの日々は本当に辛かったです。そんなとき、同僚に「吉祥寺に、いい整体の先生がいる」と聞いたのでさっそく予約をとりました。整体と聞くと、身体を「ボキッバキッ」とやる、あのイメージでしたが、全然違います。まずは軽くマッサージ。そして、痛みの原因である頸の歪みを少しずつ取っていくソフトな施術。初めは2週間に1回、3ヵ月後には1ヶ月に1回施術に通ううちに、ひどかった痛みはまったくなくなりました。仕事がさらに忙しくなっているにも関わらず、です。痛みに耐えている人は、今すぐ「きむらカイロ」に通うことをお勧めします。最後に、余談ですが、いつもマッサージをしてくれる村尾先生の眠くなるような優しいトークと、木村先生の冴え渡る毒舌(こんなこと書くと怒られそう)も、とてもリラックスさせてくれます。施術技術もさることながら、フレンドリーな雰囲気が、こちらにして良かった~と心から感じるところです。

症状

あなたの症状は?
症状によっては気をつけないといけない頭痛。でも、整形外科の検査結果は異常なし。それならきむらカイロでお手伝いができると思います。

こり、痛みがある場所ランキング
1位 側頭部(こめかみ)no1
2位 後頭部(頭の後ろ)no2
3位 前頭部(おでこ、目の奥)no3
4位 後頭部髪の生え際(盆のくぼ)no4
5位 頭頂部(頭のてっぺん)no5
頭が痛いとき
・常に、いつも
・仕事中だけ
・自宅に帰ると
・デスクワークが多い日に
・肩こりがひどい時
・吐き気が伴うほどつらい時もある
原因

原因のほとんどは首の歪み
頭痛は大きく分けて、症候性頭痛と機能性頭痛に分けられるようです。
症候性頭痛は器質的な症状、つまり脳の血管のつまり、脳の出血などです。
機能性頭痛はMRIなどによる検査で器質的な変化がみられないもので、頭痛をもつ多くの方がこちらにあてはまります。

原因1
物理的なストレス(力)により、首の骨が歪む

1.一時的で大きい物理的ストレスによるもの
(交通事故や転倒事故、咳、くしゃみなど)

2.継続的で小さい物理的ストレスによるもの
(事務・パソコン作業、手を上げ続ける作業、悪い姿勢、エアコン取り付け業、庭木の剪定、楽器演奏、縫い物、細かい手作業など)


1.外力による頸部の損傷は、確実に首の骨を歪ませます。事故当初ではなく、時間が経過した後に症状が出てくる場合が多いので、ご本人が忘れているケースが多々あります。また、くしゃみや咳が続くと、頸部にむち打ちと同様の損傷が起こります。

2.これらはすべて肩に力をかけ続ける動作であり、仕事や日常的に行う動作である場合は、常に首の骨を歪ませ続けていることになります。


頭痛にこんな症状が伴う場合はまず整形外科(脳神経外科)へ
  • 痛みが次第にひどくなる
  • 急な痛み、激しい痛み
  • 手足のしびれ、言葉がもつれる
  • 微熱、高熱
  • 目が見えにくい、耳が聞こえにくい
原因2
精神的なストレスにより、肩の力が入り続けた事で首の骨が歪む

1.ストレスを感じる場合
(仕事、人間関係、家族の悩みなど)

2.ストレスに気づかない場合
(まじめな性格、考えすぎタイプなど)

かなり多いのが、このストレス性の肩こり。実は精神的なストレスによって、首や肩の力が抜けない状態が日常的になると、首や肩の力が抜けない状態が日常的になると、自ら首の骨の関節(とその周辺の関節)を歪ませてしまいます。


1.悩みが全くない、という方のほうが珍しいかもしれませんが、最も精神的にきついものは、すぐに解決できない問題が起きる、環境が変わる、ということだと思います。

2.最もやっかいなのは、ご本人自身が肩に力が入っていることに気づいていなおケースです。肩に力が入ってしまうことを分かっていても、力を抜く方法を知らない方もいます。こういう方は睡眠中でさえ、首、肩の力が抜けない(例:不眠・歯ぎしり)ことが多いです。

ストレスは、自己改善力を低下させ、組織損傷の回復速度が著しく低下させる最大の原因でもあります。
ストレスによる症状に病名がつく場合(※)もありますが、そうではなくても日常的にストレスが続いている場合は、あなたの首の骨を歪ませています。
※肩こり・首の痛みを起こす可能性のある精神的な症状
心身の症状・神経の症状・自律神経の不調・過呼吸の症状・不眠・マタニティーブルーなど

整形外科の検査(レントゲン、CT、MRI等)で異常が見つかった場合

整形外科へ行ったら・・・
症候性頭痛(器質的症状)
・脳の出血・クモ膜下の出血などの脳血管の不調
・脳の腫瘍・慢性硬膜下の血腫
・眼の症状など
このように器質的な症状がある場合は、まずは専門機関の施術を受けてください。

整形外科の検査(レントゲン、CT、MRI等)で異常が見つからなかった場合

整形外科に行ったけど・・・
・機能性頭痛(片頭痛、群発性頭痛、緊張性頭痛)といわれた
・症状が良くならない
・とりあえず、もらったものを飲んでいる
きむらカイロは(静止画像による)検査ではわからない首の骨のわずかなズレや歪みを見つけるのが得意です。

きむらカイロが出来ること

首の骨のズレや歪みがきむらカイロの施術対象です
検査で異常がなかった場合、また機能性頭痛(片頭痛、群発性頭痛、緊張性頭痛)は首の骨(頚椎)の歪みによるものがとても多く、検査で器質的な病変が見られない、ということでしたら、きむらカイロでの施術範囲になります。
首の歪みが骨盤と違って大事な点は脳を乗せている重要な場所ということです。脳にいく血管や神経は首の骨に沿って走っていますので、首の骨が歪むことでそれらも悪い影響をあたえる可能性があり、とても危険であるといえます。

頭痛のメカニズム

なぜ頚椎が歪むと頭痛になるのか?
頭痛の症状は、歪んだ関節周囲の筋肉が引き伸ばされるために起こります。特に筋肉は引っ張られると逆に縮む性質を持っていますし、実はそれ以上その関節が歪まないようにがんばってくれているのです。
首(頚椎)の歪むことで、首の筋肉はもちろん、その周りの神経や血管にも悪影響を与えますので、筋肉が緊張することにより起こる頭痛や神経にストレスがかかって起こる頭痛などを発症します。肩こりと同様にストレスが原因にもなります。
よく頭痛と混同しやすい後頭神経の痛み(頭の皮膚の痛み)も同様の原因で起こった場合は施術で良くなります。

頭痛の施術

きむらカイロ独自のアプローチ方法
肩こりと同様に、首(頚椎)と首のつけね(胸椎の上部)、そしてその周辺の関節の歪みを矯正します。その後は痛みのある部分をアイスノンなど用いて冷却し、関節周囲の熱を抑えます。また、頭痛の応急処置方法などもアドバイスしています。整えた首の関節が再び歪まないために最も重要なのが、肩の力をぬく習慣です。とにかくこの習慣を覚えることが今後の症状の回復を大きく左右するといっても過言ではありません。そしてホントに正しい姿勢を覚えていただくことや、手軽にできる運動法などのアドバイスも行っています。また、ご使用になる枕の形状や高さが合わないことも原因の一つなるため(いわゆる寝違い)、適切な枕の選び方などのご相談にも応じています。

実際に頚椎の施術を受けた方の感想から

施術はどんな感じなの?
「マッサージだと思っていた」
「音がするときがあるが、自分の関節の音じゃなかった」
「一発で首の痛い場所をあてられた」
「この施術が一番好き」
「眠りそうになる」
「はじめて肩の力が抜けた感じというものを知った」

頭痛でお悩みの方へ

頭痛がない生活を送りませんか?
頭痛もち、なんて言葉があるくらい慢性的な頭痛に悩まされている方はかなり多いと思います。骨格の歪みを整え、いままで当たり前だった生活習慣を改善すれば、必ず改善するものなのです

頭痛がある人に多くみられるその他の症状